眠りにつく10秒前。

このページはまだ見つかっていません。

なぎさにて ミスチルくんと あそんだ

たのしかったですってか。


はい。

ミスチルが配信を開始したとか。配信?ストリーミング?最近、ストリーミングじゃない言い方ありますよね。そっちの書き方しないとダサいっすか?まぁなんだっていいや。

貧乏な割にはそこそこCD、レコードを買ってる方なので、基本フィジカルな媒体が好きなんですが、曲単位で気に入ってる人たちの音源に関してはデータの方が便利。

ミスチルは特にそう。どうしてもアルバム通して聴けないバンドなのです。名盤とされる(これくらいモンスターバンドだと全部名盤扱いされてるけど)『深海』すらしんどい。一度PCに取り込んだデータが消えて以来、またレンタルするの面倒だな〜と思ってたので、正直嬉しいです。

そんなわけでミスチルに関しては浅いファン?なので、そう面白いことも書けないんですけど。00年代前半頃の、あんまり笑ってねえな、眉間に皺寄ってるな、っていう曲が大体好きなんですけど。「Worlds end」って曲で、

"飲み込んで吐き出すだけの 単純作業繰り返す 自動販売機みたいに

 この街にボーっと突っ立って"

って歌われてて。なんか、タバコぼんやり吸ってる時の自分は作画・鈴木翁二、みたいな空気と一緒だな、と思って。ガロ系の作家が好んで描きそうな風景というか。"一筋の光が差し込んでくる映像と君を浮かべて"なんてフレーズも聞き馴染み良いけど冷静に画を思い浮かべるとサイケ感すごい。町田康かよ。ドメジャーの人がそういう歌詞を入れてくるってすごいなあ、素敵〜、と思いました。

それだけ!おしまい。『オートバイ少女』は旧表紙の方が好きだぜ!

f:id:imarnarom:20180510234706j:plain