眠りにつく10秒前。

このページはまだ見つかっていません。

春はあけぼの

日本とは、なんてテーマが広すぎるわけで、郷ひろみ聴いてりゃいいんじゃないの、と思わなくもない。

なんとなくことの発端に「This Is America」がある気がする。ただあれってそんなにすごい表現なのかしら。Kendrickの2ndとアティチュードはそう変わらない気もするし、あのアルバムだって特に好きなわけでもない自分からすると、MVの視覚的わかりやすさというのは一つあるにしても、ここまでバズってる要因がいまいちピンとこない。

そもそも「HINOMARU」の歌詞に関してあーだこーだ言っている人たちは基本的にRADWIMPSに興味を持っている、或いは持っていた。私はそもそもそんなに興味がない。だから右翼的な表現云々よりも、批判に対する「嫌なら聴かなきゃいい」とか、「そんなに分析して結局RAD好きなんじゃん笑」とか、ディスコミュニケーションを貫くファンの人たちにちょっと辟易した。「結局好きなんじゃん」ってそりゃそうでしょ。批判すべき箇所をわざわざ挙げているにも関わらず、細かいこと言ってんじゃねえよって感情を爆発させてしまうのは、わからなくもないけどちょっと怖い。

そしてやっぱり一番気になるのは「特定の思想はない」という言い方。現政権、今の世界情勢を嘆いた上で自分にとっての日本を表現したかった、みたいなことをTwitterで書いていたし、これもわからなくもない。ただ、特定の思想がないだとか、右でも左でもない、と言いきることが本当に出来るのだろうか。フラットであろうとする姿勢は素晴らしいとは思うが、それは都度傾いてしまうことを自覚し、修正していくしかないという絶望的な真実の前に抗うことであり、常にフラットです、みたいな顔されたらそれは嘘だな、と思う。

個人的に戦争を望む人はほとんどいない、いるとすれば相当な被害者意識の塊を抱えているか、本当に狂人の域に達してしまっている人なんだろう。なので「平和を愛する」という擁護は私にとっては何の意味もなさない。当たり前だから。

こんなことを書いたら、クソ左翼氏ねとでも言われるかもしれない。左翼っぽいのは百も承知なので、それは反省が必要だと思う。しかし対話を断つ姿勢には嫌悪感がある。そんなに頭が悪いわけないじゃん。世間一般で考えた時に、歴史を踏まえて考えた時に、気持ち悪いと思う人が全くいないわけないじゃん。それを嫌なら聴くな、なんて幼稚なことを言わないでほしい。別にあの曲を聴いて感動している人の感性を否定してはない。あなたたちは逆に批判している人の感性を否定している。「頭がおかしい」とか、馬鹿げてるよ。

私は忌野清志郎PIZZICATO FIVEがとても好きだけれど、「君が代」を歌ったりはしないで欲しかった。彼らはパンク=意味を無化させていたわけだが、絶対に真似をする人たちが現れるから。真似をする大体の人たちは彼らより真面目だ。だから意味を持たせてしまう。言葉には意味がある。その恐さを詩人は常に意識していなくてはならない。ただ、前衛芸術が勢いを増す背景には悲惨な現実が付き纏うもので、右翼だ左翼だ、傾いてしまっているものに私たちの感性が刺激されてとやかく言いたくなる現状はまだまだ平和ボケなんだろう。

夏が来る。この世が熱く煮えたぎってしまう前に私たちはほかの惑星に移住するのだろうか。デッカードよろしく、地球の絶望を受け止めきれずにのたれ死ぬのか。そんなもんは神のみぞ知るだ。とりあえず平成最後の夏に私は貯金を頑張る。未来のために。それに比べたら日本がどうだこうだなんて机上の空論は死ぬほどどうでもいい。だから批判されても知ったこっちゃない。推敲なんてする価値もない。ちっぽけでかわいい生活。戦争に反対する唯一の手段。

f:id:imarnarom:20180612201245j:plain

なぎさにて ミスチルくんと あそんだ

たのしかったですってか。


はい。

ミスチルが配信を開始したとか。配信?ストリーミング?最近、ストリーミングじゃない言い方ありますよね。そっちの書き方しないとダサいっすか?まぁなんだっていいや。

貧乏な割にはそこそこCD、レコードを買ってる方なので、基本フィジカルな媒体が好きなんですが、曲単位で気に入ってる人たちの音源に関してはデータの方が便利。

ミスチルは特にそう。どうしてもアルバム通して聴けないバンドなのです。名盤とされる(これくらいモンスターバンドだと全部名盤扱いされてるけど)『深海』すらしんどい。一度PCに取り込んだデータが消えて以来、またレンタルするの面倒だな〜と思ってたので、正直嬉しいです。

そんなわけでミスチルに関しては浅いファン?なので、そう面白いことも書けないんですけど。00年代前半頃の、あんまり笑ってねえな、眉間に皺寄ってるな、っていう曲が大体好きなんですけど。「Worlds end」って曲で、

"飲み込んで吐き出すだけの 単純作業繰り返す 自動販売機みたいに

 この街にボーっと突っ立って"

って歌われてて。なんか、タバコぼんやり吸ってる時の自分は作画・鈴木翁二、みたいな空気と一緒だな、と思って。ガロ系の作家が好んで描きそうな風景というか。"一筋の光が差し込んでくる映像と君を浮かべて"なんてフレーズも聞き馴染み良いけど冷静に画を思い浮かべるとサイケ感すごい。町田康かよ。ドメジャーの人がそういう歌詞を入れてくるってすごいなあ、素敵〜、と思いました。

それだけ!おしまい。『オートバイ少女』は旧表紙の方が好きだぜ!

f:id:imarnarom:20180510234706j:plain

オトメト口ポリス【草稿】

野うさぎ

私 さみしがり Nozomi
あなたがくれたお名前
好きよ ラ、ラ、ラブユー…XX
真っ白なお洋服 お部屋で
煙草の匂いを抱きしめて
かぎつけた ああ パパの夢
草むらに ス、ス、ステキな…XX


ほむら

黒い髪が肩まで伸びて
海風に揺れれば
夕陽に染まるコンビナート
甘美な思い出
「嘘にしたい」なんて言っても
時計は止まらず 朝は来るの

「えーん」って泣いても
神様 いつも手遅れ 悪魔みたいね
もしももしもよ 最後に
火を点けたなら 思い出してね

薄着で出かけた
あの夏 そう あの夏は
掌の上に転がっていた
迷路の入り口
影は夜に 燃えきれずに
薄荷の味 太陽は知らんぷりで

わたしはあの時17歳で
永遠 いつも信じてた 子供みたいに
すべて凪いでしまった ならせめて
砂に消して 拾わないでね


てまねき

渡り廊下から見える
後ろ姿 胸がざわめくのは
あなたくらい くらいなものよ
名前を呼んでほしいのに
後ろ暗い わけなんてないのに
どうしていつもてまねきするの
I wanna be your あなたの
そぶりひとつに振り回される
I wanna be your あなたの
犬になってしまえたら いっそ
ああ 太陽と月の恋人
成り果てた私とあなた
右手と右手が握手して
ああ 夢を見る…
I wanna be your あなたの
前では首元だって見せられない
I wanna be your あなたの
書いた文字をそっとなぞっているの
I wanna be your あなたの
犬になってしまえたら いっそ いっそ
I wanna be your あなたの
指に甘く噛み付いてしまいたい


モーニン

落ちた瞼にひらめきの輪
しょうがないでしょう
きらめくわ ふやけた朝に
君の寝顔に宿るそれ
夢の中 気持ちだけ言いそびれ
バカなエジソン それが私です 私です
She is Perfectとくれば
ぼくははきだめのどら猫
ショーウィンドウ 閲覧が教養
御機嫌よう 心は雨模様
He Get the Sun こぼすマイサン
グドモーニン 言えぬままの今日です



とても幸せな夢を見たの
ひとり 草原で立ってた
街の灯は遠く 届かぬ距離に
掌に浮かべ眺めてた
夢が覚めないままでいたいね
せめて 目隠して
君の家までたどり着けたら
柔らかな心 あげたいよ


そらにはなてば

聞きなじった言葉で僕を殴れば
僕の神様に裁かれる
日陰で耕しちゃ意味がない

政治と書いて生活と書けば
僕と君とで間に合わせる
1日の価値は計り知れない
誰も僕らを知らないから
一層・スウィート・とても・ソウル
今 人生の甘きを噛みしめる
舌の上に君の苦い味があれば あれば

どうもこうもごめんね
あの雲を掴みきれず 消えてくほこり
愛 どんな風でもyouはyou

面影の路面電車に飛び乗って
くるくる廻る 双眼鏡
想像を放棄した言葉で僕をなじれば
この世はSF 黄泉の国
くるくる廻る双眼鏡
一層・キュート・とても・双眼鏡
風で息をして
君 そらにはなてば はなてば
君も神様?


おセンチ High School Rock'n Roll

体育館に Standing There
先生、生まれた意味を Please Please Me
Little Childから It's Won't Be Long
恋に落ちたら 僕は泣くかしらん
She Loves Youの噂聞いたYesterday
抱きしめたい Help! でも今はまだ
この恋は抱きしめたまま

ノルウェイの森でも Strawberry Firldsでも
君がいれば ここでもどこでも
 Magical Mystery Tour(いわゆる一つの修学旅行)
この気持ちは Rubber Soul?
Girl, I Want to Tell You
彼女曰く、彼女曰く 答えは Tomorrow Never Knows

18のBirthday迎え みんなで並んでSgt.Pepper's
Long Long Longも A Day In The Life
君の気持ち Dig Itできず For You Blue
Hello Goodbyeの季節近づくわ
Let It Be 遠ざかる君 願わくば Get Back
されど The End 届けたかった 愛こそはすべて
それでは皆様、旅立ちの唄を Maybe I'm Amazed 


Bye Bye, My Girl

裏切られた末 笑ってしまった
許せないのはお前の方さ(俺だ)
下品な奴らに煙に巻かれて 有り金みんな使い果たされて
性懲りも無く またヘラヘラヘラヘラヘラヘラヘラヘラヘラ
Bye Bye! Bye, Bye Bye! My Girl
嘘だったんだろう?
そうだったら どれだけ楽になれたんだろう?
ああ 人が 信じられない ならいっそ
旅に出ましょう 何度目かの置き手紙
アディオース


ポルノ

あんたの呟くきれいごとはクソ
アルコールより酔える ステキな思いこみ
継ぎ接ぎ それは他人の言葉
マイノリティーの化粧も様になるね
追い詰められたらクスリの写真の出番
鈍感 鈍感 遅いのさ すべて
遠い国でこどもがのたれ死んでも
可哀想なのはあんた自身
若者を心配する振りをして
一人前気取りとは笑えないな
クソ クソ クソ あんたも 俺も
産まれてもないし ましてや死んですらない
そう ここはゴミ箱の中だった


じこけんお、夏

夏をあきらめて 夢をあきらめて
人生をあきらめて
僕は僕をあきらめて
どこに行く あてもないから
どこにも行かない
いつもの癖で茶化すだろう
軽くなったつもりで重くなる
ダセェな リバウンドで あの娘 嘔吐
眠っちまいな それがいいな
ここは人類の行き止まり
明日をあきらめて 頬が青ざめて
自殺に魅せられて
「僕は僕にあきられて」


友だち思い

「生き急ぐな」って
ふやけた顔でどうしたの 友だち
君が管巻く正論が
ひん曲がって見えて気になった
いいから いいから もう一杯
誰かのルールに則って 君は呟く
もういいかい

吐き出す煙に
何の意味もない 価値もない
ただ青く 青く 青く
ひん曲がったタバコの角度で
世界を切り取っていたね
くすんだルーレットで次に出る言葉を
待っていた

あの屋上で
燃えていた夕陽に
君を重ねて見ていた
あの屋上で

「許されたい」と
こぼした背中を見送りながら
太陽が昇る前に 忘れてしまおう
君のこと あの日の君のこと
忘れてしまおう


踊らなければならない国

あーだこーだと知らねえ話
セックスと金の予感がありさえすれば
胡散臭いジジイも 愛すべき天使になる
もうわかったろう
前世のつもりの善行も
恋人は枯れた蓮で水の泡
平和は訪れない 俺ら 息する限り
正気の顔で狂えなければ
踊れない 踊れない 踊れない
信じられない話もここじゃ
神さまが頷けば真実さ
揺り籠から墓場まで
他人の言葉に その優しさに尻を振れ
君の意見は鼻かんで棄てなくちゃ
多数決こそが幸福論でなくちゃ
踊らなきゃ 踊らなきゃ 踊らなきゃ
「踊れ」と叫ぶ人ら 従おう
「手を上げろ」と人ら 従おう
音楽はそうでなくちゃ ゲージュツはそうでなくちゃ
つまらないのさ


All Summer Long

素晴らしい日にふさわしい
時を探して走り回りたい
夕陽 透けて 世界のメッセージ
浮かぶTシャツのままで
こぼれてゆく言葉をコップで受けとめて
あやふやでない 海をのみほす
舌の上が痺れて 戸惑い思わず踊る
僕等の中で 落ちるまで燻っていた
夏の火種
ずっと眺めていたい


真空溶媒

草臥れた煙草を咥えて
干し草の上 星空の下
春と修羅に酔っていた
となりに夢見るは
まだあどけなき乙女の面影
灰色の顔をやさしく撫でる
ぼんやりと 時間が通り過ぎるのを待っていると
小さな島の脈動が
心臓に絡みつくのを彼は感じる
そうして滾る血を 押し出すのだと彼女は囁く

憧れの十字軍が 一筋の太刀と共に現れ
さっきまで一つだった 夜を真っ二つに裂く
その境界に目を凝らせば
森羅万象は身体中を循環し
すべての泉を手繰り寄せるだろう
月の輝きを 焼きつけた網膜に
浅い眠りから手渡された便りがある
ざわめく予感に唆されて 彼は1人立ち上がる
   そうら やって来た汽車に乗って
   僕ら ちょっと旅に出ないか…


fragile

きみの心におきわすれた
ぼくのかたちを朝にはわすれて
しわがれたシガー
ベッドの中でなぞっていた
夜が明けたら
ぼくら はじめましてみたい
なにか言うと
こわれてしまいそう
そんなものじゃなくて
なくしてもかまわないほど
いくつもめざめをいのります
赤みがかったカーテン
ぼくの上にきみがかさなる
きみはきみのかたちをわすれて
ぼくはぼくのかたちをわすれて
ベッドから少しずつ落ちてゆく
見上げた空におきわすれた
ぼくらのかたち

ドレミファソラシド

ひさびさにレコード買うた。はじめて彼らを知ったのがこのミニアルバムだったな〜。ファウストインプレッションは『撲殺天使ドクロちゃん』って感じでした。わかる人にはわかる、はず。

「ハートブレイクマン」、ギターソロは「Hello Goodbye」だったんすね。口ずさんでて今更気付くという。

f:id:imarnarom:20180503083421j:plain

幸福論/初夏にて

だんだんと暖かくなってきましたね。窓を開けていると涼しくて、でも通りかかるオヤジの痰を吐く音が生々しく響く夜。

気温が上がると、私の食欲は減退する。かといって無気力になるということはなく、夏バテではないのです。食べた分だけ発汗して煩わしいだけ。だけなのだけれど、それを人は夏バテというのかしらん。

そんなわけで減量にはうってつけの季節、女子並みにダイエットに励むのです。真夏を迎える頃にはすっかりプリティ・ボーイに変身、できてるといいな。ダイエットと同じくらい打ち込めるのが読書。どの季節だろうと出不精に変わりはないんですが、冷房の効いた部屋での読書は頭が冴えるのか、より一層集中できるというもの。ちょこちょこ読み進めているカミーユ・クローデルの伝記も面白く読んでいます。著名な彫刻家、ロダンの弟子にして愛人であったカミーユ。憂愁を称えた肖像が印象に残っている人も多いのでは。どちらかといえば悲惨な人生を送る彼女に、なんだかヒロイズムが刺激され、すっかり感情移入してしまっています。カミーユのような美貌を夢見ながら日に日に痩せてゆく私自身を可愛がろう、などと不相応な妄想で頭の中のお花畑を耕しつつ、今日も眠る。ああ、しあわせ。

f:id:imarnarom:20180419162637j:plain

バック・トゥ・ザ

今日は給料日でした。もうね、ウハウハですよ。なにがって、公共料金の支払い元が。その上タックスまで絞り上げられて、私たちのお財布が潤う時は一体いつになるのかしら?お金で幸せは買えないけど、もう少しくらい貰いたいもんだわあ、とは母の口癖。しごくまともなご意見である。

清貧なんて言うと聞こえは良いけれど、生活に余裕があればもう少し思いやりを持てるかな、とは誰しも思うもので。欲しいっすよ、余裕。構えたいっすよ、悠然と。

具体的には、余裕のある広い歩道が欲しい。お前の手に負える話じゃないやんけ、って感じですか。それはともかく、私の住んでいる街は歩道が狭い。そもそも歩道がない所もしばしば。中途半端に人口が多い=家屋が多い=道幅が狭まる、のかどうかはわかりませんが。

狭いと通行が滞りやすいわけでして、たとえば今日も、真向かいからおばちゃんが仲良く横に並んで道を塞いでおりました。まぁ、私はいいんです。真正面から歩いて来てるわけですから。さすがにスペースを空けてくれます(ちょっとだけだけどね。ちょっとだけだけどね!)。

問題はおばちゃんの後ろで、困惑した顔でトロトロ自転車を蛇行している女の子。憎たらしいことに縁石が横断歩道まで途切れることなく続いており、避けて通ることは不可能。その道はカーブがかっているので、おばちゃんたちを目視できずに歩道に入ってしまったのでしょう。

「どいて!ちょっとおばちゃんどいて!」と私は叫びました。目で。しかし悲しい哉、私の熱視線はおばちゃん達に届かぬ距離。ならばと控えめに手を振って「どいて」の意思表示をするも、虫にたかられた哀れな青年にしか見えないのか、全く気付かれず。結局、そのまま通り過ぎてしまいました。無力なり。ごめんよ、女の子。なにかしらに遅刻していなければ良いのだけれど。

ぶっちゃけ自転車の女の子がベルを鳴らせば済んだ話かもしれないですが、でも並んで歩く時はちょこちょこ振り返って後ろから人が来てないか、確かめても良くないですか。ベルとかクラクションとか、鳴らすのって勇気いるじゃないですか。少なくとも、小心者の私はそう。おそらく彼女もそうだったはず。

電車でも降りる人を顧みずドカドカ乗車する人は珍しくないし、本当に皆さん、心の余裕、必要っすよ。道を譲る、狭い道では並んで歩かない、幼稚園で習う程度の弁えはあって然るべき!現代人、けしからん!

…と、激オコかましてる私にも余裕がないのかもしれない。しれないけれど、ちょっとの思いやりでお互いに譲り合って、許し合っていきましょ。マイナスの感情やエゴに囚われてはいけません。明るい未来を取り戻せ、です。はい。













昨日自転車盗んだオメーは許さねーけどな!土下座して返しに来いや、ク◯が!

f:id:imarnarom:20180425204758j:plain

狂気の沙汰も春次第

たまには時事ネタというか、新鮮な話題を。『ドレスコーズの《三文オペラ》』に小島麻由美氏が参加している、とのニュースを目にして、思わず「ああ、すてき…」と心の中でつぶやいてしまいました。

2000年代終盤から2010年代初頭、すでにギターロックも飽和を迎え、私的に最も熱いムーブメントが和モノでした。ライブに行っていたわけでもないのでどれだけ世間的に盛り上がっていたかは知りませんが、THE MILKEESやTHE PORTUGAL   JAPAN等を擁したさざなみレーベル、ザ・シロップ夜のストレンジャーズ、微妙なところで言えば初期のフジファブリックもそうか?他にも住所不定無職、アーバンギャルドモーモールルギャバンとか…。厳密に言ったら和モノじゃないかもしれませんが、大体サイケを感じれば「好き!」とハート型に瞳孔開いていたわけです。

それほどまでにはまり込んだのも渋谷系への淡い憧憬が捻じ曲がって表出した結果でした。ギタポ的なポスト渋谷系にはどうも馴染めず、小西康陽氏も野本かりあプロデュース以降表立った活動がなく…元フリッパーズの二人もそうでしたね。CorneliusYMOの文脈に回収されはじめてたりとか。誤解を多いに招きそうなので簡潔に説明できないんですが、本脈のはっぴいえんどの流れに礼儀正しく乗っからない、和モノ、歌謡曲のエッセンスを下世話で暴力的に示していたアテチュードがあの頃のyoutubeの関連動画には転がっていた気がするのです。かまってちゃん、相対性理論、ミドリなんかも勿論好きだったわけですが、他にも良いグループ、ミュージシャンがたくさんいたんですよ。他にもMrBAUMKUCHENがMVを撮っていたostooandell(最高)、まつきあゆむとか。その二者繋がりでいえば曽我部恵一氏主催のRose Records、世武裕子氏を世に輩出したくるりのNMRだとか。挙げたらキリない。このようになにかしら乱立しまくっていたカオスな時代はフェス文化によって鎮火され、稀代の天才、転校生の活動停止によって私の青春は未消化のまま葬り去られてしまいました(野暮ですけど、ここまでもこれからもすべて私感です)。

youtube興隆期とでもいうのか、あの頃を振り返ると否が応でもエモくなってしまうわけで、吐き気が催してくるのはそのせいか、はたまた久々に吸ったタバコのせいか…。ニコニコ動画も無法地帯だったなあとか、もう全部総括して吉田豪さんあたりにまとめてほしい。『炎上未満』ってな感じで。ダサいか。

めっちゃ横道に逸れたので強引に話を元に戻すと、そうした時代の空気を大いに表現してみせたのが毛皮のマリーズとそのフロントマンたる志磨遼平、その人です。更に私の捻じ曲がった渋谷系魂を鷲掴みにしたのもこの人。こうして乱暴に振り返ると、危険な推測ですが、マリーズの解散はバンドの構造のみならず、時代にも要求されていたんじゃないか、という気さえする。とにかくあの時代に登場し、あのタイミング、あの状態で徒花とならざるを得なかったような。その後、頓挫したバンドドリームを体現するかのように、ドレスコーズの実質的解体、『平凡』の発表、そして今回の『三文オペラ』プロジェクト。グラム期のDavid BowieTHE YELLOW MONKEY『jagur hard pain 1944 - 1994』のごときコンセプトアルバムが2作連続でリリースされるわけで、とことんルーツに真摯な彼の作品に小島麻由美氏が参加する。時代の狭間にデビューし、今なお狂い咲きサンダーロード状態の小島麻由美が、ですよ、これは、少なく見積もっても、和モノの流れを、見事に、一本線で、繋いでみせた、コラボレーションなんだと…。言いたかったわけです…。長え、長えよぉ…。息切れしちゃうよぉ…。

深夜のラブレターつうかファンレターのような、ほんのりサイケなお話になりましたが、まあ春の終わりにはちょうどいいんじゃねって感じです。書き直すのもめんどくさいし。『三文オペラ』、楽しみっすねえ。

f:id:imarnarom:20180423203602j:plain